藤木屋きもの男子ブログ
  • 男きもの藤木屋のメンズキモノ
  • 男のきもの男子メンズキモノプロジェクト
  • 男のきもの藤木屋のメンズキモノ
  • 男の着物藤木屋のメンズキモノ
 

TBS『世界ふしぎ発見』にて「着物にシャツ、ネクタイ」スタイルの山内六三郎、乙骨亘が紹介されました!!【 約150年前にスフィンクスの前で記念写真を撮影したサムライたちがいた – 第二回遣欧使節団 – 】

TBS公式Youtubeより『世界ふしぎ発見』2017年11月11日分告知動画

 
皆さんご存知のTBS『世界ふしぎ発見』にて、なんと「着物にシャツ、ネクタイ」の和洋折衷スタイルの山内六三郎(リンク先画像参照)乙骨亘(オツコツ ワタル/リンク先画像参照)が紹介されました!!昨日11/11放送のTBS『世界ふしぎ発見』は「約150年前にスフィンクスの前で記念写真を撮影したサムライたちがいた」として、池田長発率いる「第二回遣欧使節団」がテーマでした。
 
手前ども藤木屋は五年前の創業時より「着物と洋服」をミックスした和洋折衷のコーディネートを提案してまいりました。藤木屋がこれまでにブログやSNSにアップロードした「メンズ着物にネクタイ」や「メンズ着物に蝶ネクタイ」をコーディネートした画像は多くの反響をいただいております。しかし、この「着物にネクタイ」をコーディネートしたスタイルは約150年前にすでに存在しており、横浜鎖港を交渉しに「第二回遣欧使節団」としてフランスに渡った山内六三郎や、乙骨亘は、それぞれ「メンズ着物にネクタイ」や「メンズ着物に蝶ネクタイ」をコーディネートした写真が今に残されております。その写真が、昨日放送のTBS『世界ふしぎ発見』にて紹介されました。
 

着物にシャツ、そしてネクタイをコーディネートした山内六三郎については、今から四年前にWEBマガジン『Japaaan』にて、山内六三郎の写真とともに「着物にYシャツ。そんでもってネクタイ。まるで藤木屋さんである♪」として紹介されたこともあり、存じ上げておりました。そして、着物に蝶ネクタイをコーディネートした乙骨亘については、なんと先月、藤木屋代表の藤木屋幹助が出張にて訪れたパリのパリ日本文化会館にて、乙骨亘をご紹介いただき、知ることになったのです。偶然にもTBS『世界ふしぎ発見』の放送の前の月に藤木屋幹助も「第二回遣欧使節団」の訪れたフランス・パリを訪れていたのです。
 

今から150年前に「着物にシャツやネクタイをコーディネートするスタイル」は、日本よりはるか先に近代化を遂げるフランスを訪れた第二回遣欧使節団の山内六三郎と乙骨亘が、その国力の違いに圧倒され、月代を伸ばし始め、着物の下にシャツやネクタイを着るようになっていったようです。山内六三郎と乙骨亘の洋服ミックスの着物姿は、着物から洋装に変わっていく過渡期のスタイルとして、まさに「洋服ミックスの元祖」と言えると思います。そして現在、メンズ着物に興味を持ち、着物男子が物凄い勢いで増えていることは、逆に日本の良さを再発見しているからとも言え、非常に興味深く、考えさせられます。では、本日は、これまで藤木屋がこれまで提案してきた着物と洋服をミックスした和洋折衷の画像の中から代表的な物を再度ご紹介させていただきます。
 
◆2013年春夏新作スーツ地入荷告知画像
 ー 蝶ネクタイとメンズ着物をコーディネート ー


 
◆雑誌『PREPPY (プレッピー) 』2014年 01月号 、表紙のメンズ着物一式を藤木屋が衣装協力
 ー 蝶ネクタイとメンズ着物をコーディネート ー


 

◆2016年、藤木屋幹助・洋服ミックス
 ー 蝶ネクタイ、デニム着物、デニム羽織をコーディネート ー

 
◆2017年、藤木屋幹助・フランス・パリ出張にて
 ー 蝶ネクタイ、トレンチコート、メンズ着物をコーディネート ー

 

◆2012年、藤木屋の着物と洋服をミックスしたスタイルの原点
 ー ネクタイとメンズ着物をコーディネート ー

 
◆2017年『#筒袖着物 – Tight-sleeved Kimono -』
 ー 書生シャツ(スタンドカラーシャツ)と筒袖着物をコーディネート ー

 
────────────◇
藤木屋からのお知らせ
 
◆上野・藤木屋 – 男着物&メンズ浴衣専門店 -
東京都台東区東上野3-39-9
TEL 03-5818-6881
営業時間 11:00-19:00
定休日 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は営業し、翌日の水曜日にお休みを頂戴します)
*JR上野駅中央改札浅草口徒歩3分
*東京メトロ上野駅一番口徒歩1分

 

 

◆藤木屋の商品ラインナップ
・メンズ浴衣 7,000円+税〜
・メンズ浴衣四点セット 12,000円+税〜

・デニム着物 9,000円+税〜(着物男子の新定番がリーズナブルな価格で!)
・洗える既製男着物&羽織(上野・藤木屋ではリーズナブルで種類豊富にランナップ!!)
・足袋 900円+税(日本製)〜
・角帯 3,000円+税〜
・下駄 2,000円+税 など
*既製品のメンズ着物のほかに、反物のご用意もございます

 
◆藤木屋のこれまでのメディア出演履歴/衣装協力その他
藤木屋は男着物専門店として男着物やメンズ浴衣のラインナップに特化し、芸能人の方のテレビや映画、コンサート出演用の着物や浴衣の衣装を数多く担当しております。詳しくは下記URLのリンク先ページをご覧くださいませ。

http://www.fujikiya-kimono.com/blog/?p=9329

 

 

コメントは受け付けていません。


きもの産地紀行

男の着物藤木屋のメンズキモノ

男の着物藤木屋のメンズキモノ

塩沢きもの

男のきもの小千谷縮

fujikiya kimono